【カマドスタイルBBQ】カマンダーの機能と使い方【kamarnder】

商品紹介 -

【カマドスタイルBBQ】カマンダーの機能と使い方【kamarnder】

近年、卵型のセラミックBBQグリルの「ビッググリーンエッグ(Big Green Egg)」や「カマドジョー(Kamado Joe)」などのカマドスタイルBBQグリルが世界で大流行し、様々なグリルブランドからカマドグリルが発売され、チャーブロイルにもカマド式のBBQグリル「カマンダー」が発売されています。

カマドグリルはセラミック性のものが多く、高価で非常に重いのですが、チャーブロイルのカマドグリルは二重壁鋼構造なので軽量かつ低コスパ。
アメリカオヤジの夢であるカマドグリルを気軽に楽しむことができます。

そんなChar-Broilのカマンダーに可能性を感じているとともに、カマンダーのヘビーユーザーである私がカマンダーの使い方や特徴をご説明します。

カマドBBQグリル「カマンダー」は万能グリル

char-broilカマンダーで焼くステーキ

カマンダーは低温のスモークから高温のグリルまでこなす多機能グリルですのでこれ一台あれば一通りのBBQを楽しめます。
分厚いステーキはもちろん、長時間のスモークが必要なプルドポークやバックリブ、ブリスケットなど様々なBBQを楽しむことができます。

ウォーターパンが付属!

カマンダーのウォーターパン

他のグリルとの大きな違いとして熱源の上にウォーターパンがあることによってスモークと蒸しを同時に行えます!

ケトル系のグリルやオフセットスモーカー等は別途ウォーターパンを用意して肉の下に設置する必要がありますが、カマンダーはウォーターパンが備え付けられているため、立ち上がる蒸気で肉の渇きを防いでくれますし、肉の油が炭に落ちて炎が上がることもありません。

サイドテーブルにツールフック付き!

char-broilカマンダーにはサイドテーブルとツールフック付き

折り畳み式の広めのサイドテーブルにツールフックが最初から付いていますので、トングなどのクッキングツールをあちこちに置いて散らかることなく整理することができます。

カマンダーの安全性

二層構造になっているので外側が高熱になることを防いでいます。
内部温度にもよりますが、火傷するほどの熱さになったことはありません。

お子様がいるご家庭でも安心してご利用いただけます。
熱くなりにくいとはいっても、内部温度は非常に高温になりますので触らないようにしましょう。

腰をかがめて空気孔を調節する必要が無い

ほかのグリルと異なる最大の利点は空気孔の位置です。

カマンダーの空気穴は便利

下部の空気孔から上部までパイプが伸びているため、立っている状態で温度の管理をすることができます。
中腰が辛いお年頃にはとても嬉しい機能です!
(カマンダー発売当初はパイプがプラスチック性だったため溶ける事例があったらしく無償交換されていたそうですが、現在は鉄製のものとなっております。)

大容量の灰バケツ

char-broilカマンダー炭バケツ

長時間スモークしたとしても、まず溢れることはないであろう大容量の灰バケツが備え付けてあります。
片手で簡単に取り出すことができます。
灰は熱を持っている可能性があるので捨てる場合は翌日か次使うときにしましょう。


カマンダーの使い方

カマンダーはオフセットスモーカーのように炭やチャンクを後から追加するような使い方は向きません。
炭を追加するとなると高熱になる鋳鉄製の網やウォーターパンを持ち上げなくてはならなくなるので、炭を追加しない運用をすることをお勧めします。

カマンダーの炭の置き方

高温で短時間グリルする場合

カマンダー高温でグリルする場合は炭を平たく配置してもいいですし、片側に寄せて「ツーゾーンファイア」で高温と低温の場所を作ってもいいでしょう。
短時間であれば、空気孔の調節による温度管理だけで問題ありません。

低温(ローアンドスロー)でスモークする場合

長時間のスモークする場合は豆炭(チャコールブリケット)を円状に並べて、等間隔にチャンクを設置します。

char-broilカマンダーの炭の配置


チャコールスターターで起こした豆炭を、円状に並べた炭の片側に寄せて配置します。

char-broilチャコールスターターで起こした炭を入れる


こうすることによって炭に導火線のように熱が伝達していき、炭を追加することなく長時間のスモークが可能です。

下記の画像は130℃から140℃で7時間スモークしたものです。

char-broilカマンダーで7時間スモークした結果

 

さらに、オガ炭などの火持ちの良い炭を混ぜて調整することで、10時間以上炭を追加することなくスモークすることも可能です。
温度が下がってしまうと上げるのに苦労するので炭を多めにして空気孔を絞りながら温度調節しましょう。

カマンダーのデメリット

カマンダーはけっこう重い

他のカマドグリルと比べれば軽いほうではありますがそれでも50kg近くあります。
車輪が付いているので押したり引いたりして運ぶことができますが、縦長で重心が上にあるため運びにくいです。
カマンダーを頻繁に移動することは無いと思いますが、もし車に積んでいつでも運びたいとお考えの方には向かないかもしれません。

カマンダーはアクセサリーが少ない

カマンダーを使い続けていると、ウォーターパンを中華鍋に入れかえて調理してみたいと考えたり。
ヒートディフレクターで温度調節したいなどといろいろと欲がわいてきますが専用アクセサリーが無いので合うサイズのものを探すしかありません。

カマンダー使用上の注意

どのグリルにも共通することですが、蓋を開ける際は軽く隙間を開け、数秒間外気を混ぜてから蓋を開いてください。
ハンドルを持って急に蓋を開けると高温の熱気が上に昇るので腕を火傷してしまいます。

カマンダーに向いている人

構造的にはケトルグリルに近いのでアメリカンBBQデビューの初心者から上級者まで幅広く活用いただけるモデルではないかと思います。

もし、長時間のスモークをメインでお考えでしたら後から炭を追加することが容易なオフセットスモーカーをお勧めします。

カマンダーはグリルもスモークもバランスよくこなせる使い勝手の良いBBQチャコールグリルです。
これからアメリカンBBQデビューしたい方や、小型のグリルから乗り換えたいグリラーの方にお勧めしたい一品です。

char-broilカマンダーはコチラ

チャーブロイル正規取り扱い店


関連記事

  • 本格的なアメリカンBBQを始めるにあたって必要な物
    本格的なアメリカンBBQを始めるにあたって必要な物

      日本人はBBQをする機会が少ないため、当日になって準備不足で慌ててしまう姿をよく見かけるように思います。 火起こしに苦戦したり、火力の調整を間違えたり、必要なものを忘れたりとトラブルはつきものです。 私が初めてアメリカンBBQに挑...

  • ザワークラウトはBBQの副菜にぴったりの常備菜
    ザワークラウトはBBQの副菜にぴったりの常備菜

    日本ではあまり聞き馴染みのない料理だと思いますが、脂っこくて味付けの濃い肉料理ぴったりで程よい酸味の発酵食品です。 レシピを母親に教えて作らせたところザワークラウト作りにハマってしまい、近所のマダム界隈でザワークラウト作りが爆発的に流...

  • 簡単BBQ!ガスグリルの使い方【Char-Broilシグネチャーシリーズ】
    簡単BBQ!ガスグリルの使い方【Char-Broilシグネチャーシリーズ】

    ガスグリルは日本ではあまり見かけないので「難しい」「危ない」と感じる方も多いかもしれませんが、アメリカやオーストラリアなどでは一家に一台の必需品になるほど普及している手軽で安全に使えるものです。日本の一般的なガスコンロと同じような感覚...